アニマワ ―世界はアニメでマワッてる―

世界はアニメでマワッてる

【役に立たない】面接官がモルボルだったときの対処法10選【ライフハック】

 

 

モルボルとは

        f:id:kubonobono:20180507235036p:plain

日本を代表する傑作RPGシリーズ・ファイナルファンタジー(FFシリーズ)に登場するモンスターの名前。

見た目の通り非常に愛らしいキャラクターのため、FFシリーズでも特に人気が高い敵キャラ。

口臭が非常に臭い事で知られ、「臭い息」という技でプレイヤーをステータス異常に陥れることでも有名。 

 

 

こんにちは。クボノです。

突然ですが皆さん、就職活動してますか?

 

といっても、とっくの昔に就職を済ませている大人の皆さんや、まだ中学生ぐらいの未成年の皆さん。就職とは縁遠いニートの皆さんなど、あまり就職活動とは関係ない人も世の中いっぱいいるかとは思いますが、今まさに就職活動真っ只中という人もそれなりにいることでしょう。

 

で、そんな就職活動真っ只中の皆さんは、やれエントリーシート作成だ面接の練習だなんだと日々追われまくっていることかと思いますが、なにか一つ忘れてはいませんか?

 

そうです。面接官がモルボルだったときの対処法です。

 

してます?してませんよね?

 

なので今回は、面接官がモルボルだったとき、一体我々はどう対処すべきなのかについて、お伝えしていきたいと思います。

 

もくじ

 

 

 

対処法① 一回落ち着く

もしもドアを開けた先にモルボルがいたら、とりあえず一回ドアを閉めましょう。そして一旦己を落ち着かせましょう。

 

 

 

対処法② もう一度ドアを開ける

見間違いかもしれません。一回自分を落ち着かせたら、もう一度ゆっくりとドアを開きましょう。

 

 

 

対処法③ 逃げる

見間違いではありませんでしたか?本当にそれはモルボルでしたか?

もしも本当に目の前にいるのがモルボルだったなら、奴らは基本的に人間を食います。早急に逃げて下さい。

 

  

 

対処法④ リボンを装備する

あらゆるステータス異常を無効化するアイテム・リボンを装備しましょう。

 

 

 

対処法⑤ 自問自答する

本当にあなたはこの会社の内定が欲しいですか?

よしんば内定が取れたとして、本当にモルボルと一緒に働きたいですか?そこをよく考えて下さい。

 

 

 

対処法⑥ 密室は避ける

自問自答して、やっぱりモルボルと一緒のオフィスで働きたいと思ったのなら、もうそこは腹をくくりましょう。

ただし、密室での面接は絶対NGです。

例えあなたがリボンを装備していたとしても、モルボルの口臭は激烈臭いことでおなじみです。とにかく、ドアは閉めない。鼻で息をしない。隙をついて窓を開ける・換気する。などの最低限の対策をしましょう。

 

 

 

対処法⑦ なるべくドアから離れない

たとえあなたが腹をくくって面接を受ける事を選んだとしても、最後まで面接ができるかどうかは結局、モルボルの気分次第です。

いつでも逃げられるよう、ドアのそばから離れてはいけません。

 

 

 

対処法⑧ 目を合わさない

モルボルは目がたくさんついてます。その全部と目を合わせないようにしましょう。

 

 

 

対処法⑨ 消化液は避ける

モルボルは美味しそうな捕食対象(つまり人間)を目の前にすると、ダメージを与えるために消化液を口から飛ばすという習性があります。

なので、もしも面接中に消化液を飛ばしてくるようなら絶対に避けましょう。

 

 

 

対処法⑩ それでもダメなら倒す

これだけあなたが腹をくくって、リボンを装備しドアのそばから離れずモルボルと目を合わさず飛ばしてきた消化液を避けながら面接を受けたとして、それでも内定を取れないというのなら、それはその会社がおかしいのです。

気にすることはありません。全力でモルボルを倒してやりましょう。

 

 

 

まとめ

以上がモルボルが面接官だった際の対処法となります。

ただ、基本的にモルボルが就職できるような会社ですから、普通の人間が就職することはあまりおススメできません。

皆さんも、面接する企業がブラックなのかどうかはしっかり見極めてから就活を行いましょう。

 

それでは、今回はこれで以上です。

次の記事でまたお会いしましょう。

 

 

この記事を書いた人

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain

クボノ。映画とマンガとアニメとゲームをこよなく愛するカレイ
昔、FF10のプレイ中にモルボルがルールー(超美女キャラ)を飲み込んだのを見て、本気で「おいテメェ!!」とぶち切れたことがある。